着るものがなくならないため必須の洗濯

高齢者の一人暮らしと家事

今まで一度も家事をしたことのない男性の高齢者の場合、家事を自分でしなくてはいけないということ自体が戸惑いのようですね。料理一つにしても、食材の買い物や料理の仕方、全て知らないことばかりです。ごみの分別や洗濯もやってみると慣れないことはなかなかできません。そんな時には友人や、かっての勤め先の後輩などにアドバイスを聞くのが良いですね。温かく接してくれる人が必ずいて、背中を押してくれる人が出てきます。

孤独に生きるのではなく、周りと交流しながら、その中で自分の独立心を大事にしてゆくことですね。趣味でもシニアの仕事でもとにかく積極的に生きるという姿勢を持ち続けることですね。そうすれば一人で生きるという力が出てきて、人生を楽しみながら生きることができるようになりますね。

高齢者の一人暮らしと家の機能性

高齢者の一人暮らしの場合、家事の効率を上げ快適な生活をするためには、住んでいるところが適した構造を持っていることが必要です。

高齢者の場合には、体力の低下している人が多いので、家事も手間や時間がかかります。外出も若いころのようにはゆきませんから買い物にも時間がかかります。自然災害時や犯罪に対するセキュリティの問題もあります。一人暮らしの余生を高層住宅の眺めの良いところをという気もします。でも災害時や日常の買い物のことを考えると、低層階のほうが便利で効率的です。部屋の中は元気な高齢者の場合でもバリアフリーのところのほうが、毎日の家事をするのに便利です。また近くにはスーパーやコンビニがあり医療機関があるところが良いですね。